山崎聡子のさっちゃんはね♪

101回目の夏

2019.08.15

「新たに刻む、ぼくらの軌跡」

この言葉を掲げ、熱戦が繰り広がられている夏の甲子園。

今年の夏も毎日球場でカメラを回して

選手や支える方たちの熱い思いをお伝えしました。

取材にご協力下さった選手やご家族、

監督をはじめとするチームのスタッフの皆さま

本当にありがとうございました。

(佐々木順一朗新監督と夏を戦った学石の選手たちと。

秋からたくさん取材させて頂きました!)

この夏は3年目となった「やまざきEYE」のコーナーのほか、

初めて開会式の実況も担当させていただきました。

81校75チームの選手たちの入場に合わせて

チームの紹介をするのですが、

グラウンドに立つことができない仲間の思いを背負い

引き締まった表情で行進するチーム。

仲間と掛け声を合わせて、最高の笑顔を見せるチーム。

チームによって雰囲気が全く違って。

それでも時折見せる清々しい表情はどこか似ていて。

努力の成果を出し切れますように、と願うと同時に

高校野球に携わることができる幸せを改めて感じました。

今年も聖光学院の13連覇で幕を閉じた福島大会。

甲子園では惜しくも初戦敗退となりましたが、

9回3アウトまで笑顔でプレーした選手たちに心が動かされました。

選手もベンチもスタンドも最後まで諦めなかった強さは、

春2敗の苦しい時期を全員で乗り越えたからこそ

手に入れたものなのかもしれません。

この夏を戦った先輩に思いを託された部員たちが

来年の夏の福島大会でどんな姿を見せてくれるのか。

早くも秋の大会がたのしみです(*^_^*)

|アナウンサーブログ

    月別アーカイブ月別アーカイブ

      PAGE TOP

      ページの先頭へ